一昨年、2012年5月に「写言」と題した、写真が呟いてもいいじゃねえか、という写真展をやらせていただきました。
で、今年6月から7月にかけて東京と大阪で、そのパート2、「写言2」をやる予定です。
ワールドカップの開催中に(^O^)/
オリンパスギャラリー東京 6月26日~7月2日
オリンパスギャラリー大阪 7月11日~7月17日
写真展開催近くになってきたら再度告知します、足を運んでみてください。

カメラのファインダーをのぞいてる時にフレームの中の絵が呟きたいなって語りかけてくることがあります。
「えっ?ホントかよ」
う~ん、なんとなくね(^O^)/
撮影済の写真をセレクトしている時、液晶モニタに順次表示されるカットの中に、アレっ?この写真、呟きたいのかもって写真に出会うことがあります。
「えっ?ホントかよ」
う~ん、なんとなくね(^O^)/

これが、撮影時に呟きたかったカットで
P1023989

で、こっちが後者、写真を整理セレクトしてる時に、出会ったカットです。
riachan

どちらかのカットを「写言2」写真展で使う予定でいます。

常用してる写真機がオリンパス製のOM-D E-M1なので「OLYMPUS Viewer3」を使って写真(画像データ)を整理しています。
写真整理するならカメラメーカーの画像処理ソフトがいちばん使い勝手が良いような気がします。
オリンパスなら「OLYMPUS Viewer 3」
ニコンなら「ViewNX 2」
キャノンだと「ZoomBrowser EX」というふうに使ってるカメラメーカーの無料ソフトウエアをお薦めします。

いつも画質RAWで撮影しているボクにはRAW現像ソフトが必要になってくるわけなのですが、「OLYMPUS Viewer 3」はRAW現像機能もあるのですごく重宝しています。
ニコンだと、RAW現像には「CaptureNX2」という有料ソフト(新宿西口ヨドバシ価格・17500円)が良いと思います。
キャノンは、「DPP (Digital Photo Professional)」というソフトでRAW現像ができます、あっ、このソフトは無料でダウンロードできます。
フォトショとか市販されてる汎用の現像ソフトとかもあるけど、(これは個人的な感想だけど)RAW現像は、使用してるメーカーのソフトを使って現像したほうがいいような気がしています。

あっ、写言(しゃげん)の事を書こうと思っていたのに、また横道に脱線してしまいました。
また次の機会に書きます。

あっ、余談ですが、
泣いてるばかりじゃないんです、
riachan2
ホントは、凛とした娘さんなのですよ(^O^)/